ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

ウェザーリポート、ジャコパス、76ジャズ喫茶の 時代

本日も図書館で1時間ジャズの本読みながらYoutube聞いて寛ぎ、帰宅して自作の「煮込みうどん」で暖まり「ジャズ喫茶リアル.ヒストリー」後藤雅洋氏著作の続きを読んでリラックスした日曜日の時間を贅沢に過ごしてました。

現在、おそらく存在してない?「ジャズ喫茶」という店が都会には、しっかりとファンに支持されてあったのでした。

40年くらい昔の話です。ジャズは取っつきにくい、難しい、聞いても何がいいのか分からない。

こんなところが一般人の感覚だったと思います。私自身40年前はサンタナの南米のジャズっぽいロックやシカゴ、BST,ブラッド.スウェット&ティヤーズ、ビージーズ、エルトン.ジョン,レオン・ラッセルを聞きつつ、そしてベンチャーズ、これはかなり古いです、今から52年も昔の日本エレキブームの火付け役でした、例のテケテケやるエレキバンドで、その曲のコピーに夢中だった中学時代、私の神様的存在。サーフィン.サウンドとも言われてビーチ・ボーイズと共に日本の夏の風物詩?季節を感じる音楽でした。

ジャズの話にいきますが、そういえば東急東横線田園調布駅田園コロシアムというスタジアムがあって、ライブ.アンダー.ザ.スカイというジャズの野外コンサートが行われてました。

閑静な住宅街の環境で駅から5分くらいのところで、今考えるとよく騒音公害、クレームにならなかったものだとおもいますが。

ジャズギターのラリー.コリエルも出演したことがありました。

ショーケンがボーカルをやっていた日本のGS合同ロックバンド?「PIG」がバンド名だったと思いますが、日本語にすると豚ですから、かなり自虐的なネーミングですね。スパイダースとテンプターズ合体みたいなものか。

さて、ジャズの話に戻ります、今読んでいる本の中で、ジャズの歴史や分類がなされてますが、スィングジャズ、ハードバップフュージョン(クロスオーバー)というジャンル分けやスタイルの違いの名称が出てきます、それらの意味を理解しないといけないです。

スイングジャズはオーソドックスなリズムのジャズのスタイル。
フュージョンはリズムとメロディにおいて古いものと新しいものがミックスされ、音楽的に重なってブレンドされたジャズ。

ハードバップの前にはビバップがあるのですが、ビバップは一人が主役、ハードバップは皆が主役ということになります。これは私にも分かってなかったので調べました。

ハードだから音楽的にリズムやサウンド面が激しいのかと思ってましたが、アドリブの持ち回りみたいな感覚でしょうかね。

私がチャーリー・パーカーやジャコ.パストリアスで注目した「ドナリー」は主役一人でアドリブラインを生み出してますが、楽曲のアレンジによってトランペット、サックス、スティールドラムなどが順繰りにアドリブを展開していきます。

ブラスバンドのベース的役割のチューバがアドリブやるアレンジもあり、ジャコのビッグ・バンドでは実際にやってました。

メロディー楽器であるば何でも良しのようです。ドラムやパーカッションも主役になりますよ。

ウェザーリポートはジャズとして認められてました。フュージョンとはされてません。

最先端の電気楽器、シンセサイザーやエレキピアノ、キーボードそしてジャコのフレットレスのエレキベース、。

音楽的方向がジャズの定義から外れていない、私は彼らのサウンドは未来志向であり、また懐かしさも感じさせる、クラシック音楽の匂いを感じとることができます。

ベースにあるものは、やはりノスタルジックで宇宙や自然を感じさせる楽曲の旋律、その組み立て、即興性、楽曲の持つ緊張感。

ジャズの常識を越えたもので、その音楽的な価値、重要性が認められたと思います。

もちろん、ジャコのずば抜けたテクニックも。

追記

タバハラスのギター聞きながら作業していました。
本は3分の2くらいよみおわり、ジャズ喫茶店主がスィングジャーナルに記事を書いていたのは興味深いです。マスコミや評論家とは違ってリスナーよりの意見が言えるから一目置かれていたようです。

ジャズ喫茶の歴史とフュージョン、クロスオーバー、ロックへの流れそしてジャズ喫茶経営者がライブハウスにも発展していくことや、豪華なオーディオ装置、例えばマッキントッシュのアンプやアルテックの大型スピーカー「当時は劇場用に使用された」など、オーナー同士が競いあってたなど、そういえばピットインや渋谷BYGがなつかしいな!

井上陽水✖️玉置浩二

f:id:takeru1226:20171111111927j:plain
f:id:takeru1226:20171111111949j:plain
f:id:takeru1226:20171111112012j:plain


8ヶ月振りに記事を書きます。
ジャコの音楽はしょっちゅう聞いてました。あと、ジャズ関係の本も少し読みその歴史を調べたりしてました。


男の更年期も精神面で感じる事ももありましたが、誰でも少しずつ年は取り老年期に向かうものだから、素直に受け入れることにしました。

さて、音楽の話題です。先日NHKのSONGSで井上陽水玉置浩二の番組、見てるうちにガッツリとはまってしまいました。

二人の息の合った「夏の終わりのハーモニー」、作詩は陽水、作曲は玉置浩二

31年ぶりの顔合わせで、この名曲を歌い上げる、ロックやジャズ好きのわたしですが、この曲の持つ素晴らしさには以前から目を付けてました。


番組は二人それぞれの取材とソロ楽曲の場面が紹介され、ラストに「夏の終わりのハーモニー」がクライマックスの出し物として、オオトリに据えられた、よく使われる常套の企画で、ラストまで気を持たせましたが。

いよいよ、本番二人のボーカルセッションは、始まりました。

69才の陽水の歌声は艶っぽくて、のびのびとしなやかに響き渡り、
59才の玉置浩二は控えめにハスキーなくぐもりで、しっかりとハーモニーをつけていく。

絶妙な二人の歌唱は、65才の私の心を鷲づかみ、録画の映像を7~8回は見直しました。陽水はとても楽しそうに歌ってるし、表情も明るくリラックス、やはり歌は抜群にうまいですね。

何度見ても、感動は変わりません。


本当に名曲を、偉大な歌手二人が歌い上げていることに、感激した一時でした。

陽水がのびのび、楽しそうに合いの手フレーズをインブロバイズする姿に、思わず私も心の中がクスクスと微笑んでしまいました。

玉置のハモりはピカ一最高でした。声は控えめで最高!作曲家としての彼の才能も凄いですね。


では、この辺で。

八が月振りに記事を書いたフレットレス親父でした。

ジミヘンの海賊盤'67ストックホルム再聴、震災原発事故から6年。

一週間の仕事が終わり、妻を迎えに行く車の中で、先日入手したスタジオ録音盤
Axis Bold as Love の10曲目まで聞き、ベーシストのノエル・レディングが歌うShe's So Fineで一区切り。

ジミヘンのリードギターからの入り、さらにベースのフレーズが強調されてドラム、ノエルの透明感あるヴォーカルが歌い上げる。

歌詞の一部、

「彼女は時計台の時計を巻いて歩く、

髪は甲板にとまるツグミのように輝く、

首から伸びた枝が俺を襲う、

彼女は素晴らしい、

すごく 美しい !  とても   とても 」

夢の中の情景か、幻想的な歌詞を作る人です、ノエルは。

CDをチェンジし、次は、
海賊盤ストックホルム67。

このアルバムを聞いた感想、やはり音質の点で問題があります。
ギターの音など鮮明さに欠けます。バランスも悪いです。

これは海賊盤なので仕方のないことなのですが、これは正式な音源ではなく、ただライブの雰囲気を味わえるという事で納得するのが、落としどころなのでしょう。

入りのビートルズのカバー曲

「Sgt  Pepper's  Lonely Hearts  Club   Band」
は、イントロのギターのフレーズはジミヘンのギターのうまさを感じます。

ビートルズのオリジナルを深く真剣に聞き込んだ訳では有りませんが、イントロの広がりのあるギターワークが素晴らしく、それに続くジミヘンの渋く抑えハスキーなヴォーカルが、いい味を出してます。

02 Fire , 03 The Wind Cries Mary ,
04 Foxy Lady , 05 Hey Joe

5曲目の ヘイ・ジョーは、ウィリアム・ロバーツのカバー曲ですが、ジミヘンのヒット曲となりました。

この歌は、「拳銃で浮気をした妻を撃ってしまうジョーの話。」

話は変わりますが、フレットレスベースです。
ジャコ・パストリアスの「ドナリー」
のコピーは、なんとか進めてます。
ペースは、かなりゆっくりですが、

天才ジャコのフレーズがそう簡単に、弾けるとは考えてませんが、仕事の行き帰りの電車の中で、譜面のコピー4ページ分まで、イヤホーンで原曲を聞きながら譜面との読み合わせ、続けています。

テンポ自体が凄く早いので、また譜面読みも私自身、それほど得意な訳ではなく、

1小節ずつ2拍の指差し動作で、追跡してなんとかイメージを掴むことを続けています。
メロディーをハミング出来るまで、聞き込まないといけないですね。

毎日少しずつでも続けていると、コンディションが良い時は、音程も指の運びもスムーズにいき、嬉しくなることがあります。

やはり続ける事が大切ですね。

◆昨日は2011-3-11東日本大震災から、まる6年が経過した日でした。

J_WAVEのジャム・ザ・ワールドで、福島の原発事故のセシュウムによる子供達の甲状腺ガン検査について、地元自治体の終了宣言などの対応のしかた、現状と、

旧ソ連で発生したチェルノブイリ原発事故による甲状腺ガンの検査が、いまも継続されている事が、比較対照されていることが紹介され、私はそれに注目したところでした。

放射能被害は、生物や動物に奇形の発症につながること。
現在、長野県やかなり遠方でも、放射線の数値が上がっている。

発症迄の期間は15-20年がかかる事もある。

ということは、6年たったから、甲状腺ガン検査はやめても良いことにはなりません。

◆日本の福島と旧ソ連、ロシアの取り組みの違いに愕然としました。科学知識は精密な地道な観察から始まるものです。

地元の椎茸などに含まれる、セシュウムの数値が6年経って、上昇している。

枯葉に含まれたセシュウムが地中に降りて、それが植物や食物に吸い上げられる。

山菜も除染出来ない土壌からの植物なので、安心して我々の口には入れられない。

私は福島県からは、かなり遠方に住む者なので普段の生活からは放射能の心配は、ここ5-6年ほとんどしないで、暮らしてきました。

しかし、放射能被害はは元の状態に戻るまでには、100年の年月を必要とする、気が遠くなるリハビリテーションなのです。

福島を中心にして、かなりの広範囲に降り注がれたわけですから。

原発再稼働が、あちらこちらで始まってますが、経済、物流、財政、食の安全、国民の健康、普通の生活など、いろいろ考えされられた1日でした。

◆ロックの乗りと、2011 _3 _11東日本震災被害の再認識が並んだブログになりました。
では、この辺で。

Jimi Hendrixスタジオ録音盤1967「AXIS : BOLD AS LOVE」

3月6日の月曜日の夕方、ジミー.ヘンドリクスの中古のCDを探しにブックオフ行きました。

すると私にしては珍しく、スタジオ録音のCDを聞いてみるか?と思わせるジミヘンの「AXIS   BOLD   AS   LOVE 」が目に入りました。 

 

基本的に海賊盤でライブの音源が、本来私の求めるCDのはずですが、中身を調べてみるとエクスペリエンスのベーシスト、ノエル.レディング自作自演による「She`s  So   Fine」があるので興味をそそられて買ってみることにしました。

 聞いてみると、ポップな感じの曲でジミーヘンドリクスの曲調とは、また違った明るい雰囲気を持った楽曲でした。

 

全13曲あり、ライブ盤に比較して一曲、一曲が短いです。

レコード会社はポリドールで、ブランド品のCDでありまして、ステレオ録音なので音像がハッキリしてクリアなサウンドで聞くことができます。

 

私が興味を持ったのは以前、海賊盤で聞いたことがある「SPANISH   CASTLE   MAGIC」が、どのような出来ばえなのか聞いてみたくなったのです。

 

この曲の入りは、ジミヘンらしい、ギャンギャン鳴り響くストラトの音が強烈に迫ってきます。和訳の歌詞も、別途入手できたので歌詞も楽しみながらの試聴です。、

 

アルバム全般を通じての試聴の感想は、聞きやすい音質にまとめてあるなというのが率直な感想です。

 ジャコ・パストリアスの「ドナリー」のコピーは高難度の曲で、進捗には時間がかかるので、ジミヘンの本CDは、気分転換に聞こうと思います。

Jacoの演奏テクニックに触れたひと時!

週末は左手首を休ませるために、フレットレスベースから少し距離をとりました。

あまりに、集中してドナリーに取り組んでいたら、腱鞘炎(けんしょうえん)になる危険性があるので、

もっぱらCDのリスニングや体の休養、先週1週間のエピソードを日記にまとめたりに、時間を使ってました。

しばらく距離を置いていたベンチャーズスタジオ録音盤、1970に収録のライブ海賊盤レッド・ツェッペリンロスアンゼルス.フォーラム」の演奏クオリティーに感銘したり、

◆彼らが来日した時、武道館で連日2回、生のレッド.ツェッペリンの地響きのする、ハードロックサウンドを聞けた事!
改めてしみじみ回想したり、ギブソンレスポールの威力を思い知らされた事など懐かしく。

第二部で、ジミーペイジがアコースティックギターを弾き、がっかりさせられたこと。興奮した私はドサクサに紛

れ、暗さを利用し2階席最後尾から最前列に移動したりの、無謀な行動など思い出してました。

◆この図々しさのお陰で、ツェッペリンを二階席のほぼ正面からよく観察することができました。


ツェッペリンのサウンドクオリティーは、ハッキリ言ってジミー.ヘンドリクスよりも高いことを感じました。

しかし、ジミー.ヘンドリクスは歌いながらあのギターのきっちりしたプレイ、まず誰も真似出来ない神業でしょう。

時代も違うし、バックのスタッフの体制も違うし、アメリカとイギリスの違いもあると思いました。

◆実はツェッペリンは、サウンドメカニックやライブのサポートスタッフにしっかり支えてもらってるのですから。

ジミー.ペイジは、10年後のベルギーライブよりもギター演奏上のミスタッチもほとんどなく、エネルギーに満

ち溢れてました。


◆さて、私事ですが、いつの間にか、フレットレスベースが、私にとって弾きやすい楽器になっていたこと、

◆フレットレスベースから生み出されるサウンドは、アコースティックな音だから、心が癒されること。

フィンガーボードに振動したベース弦が触れることで、木材と金属が醸し出す音が雑音ではなく

フレット付きベースにはない音として、耳と心に優しく届くこと。


◆ジャズのウッドベースが独特の雰囲気を持つことに通じますが、

サウンド立ち上がりの遅れ、弾いた後の音の伸び、減衰の感覚が、ゆらぎとなって耳に快い刺激を与えてくれます。

フレット付きのベースにはない、自然に近い音、人間の声にも近いサウンドが、生み出されるからでしょうか。


◆ジャコの「ドナリー」の譜面を追って、実際にフレットレスベースを弾いてみると、

弦を抑える左手の小指が、かなりの比重で活躍します。

◆私には昔やったクラシックギターの経験が、とても役にたってます。

普段ギターでメロディーを演奏していても、これほどは小指に負担が掛かることはありませんが、

◆ベースは弦長がながく、フレット間隔も広く、ゆびを大きく開くことが必要で、小指の活躍は必須です。

私は、趣味で音楽を楽しんでいるレベルの素人ですが、「ベースマガジン」が、「ドナリー」の譜面、タブ譜を掲載し

てくれたので、

◆若かりし頃、憧れていたジャコ・パストリアスのフレーズを、たどたどしく弾けることが、とても人生の張り合

いや、生き甲斐になってます。

□行方不明のメトロノームを見つけ出して、気長に「ドナリー」に取り組みたいと考えております。

では、この辺で。

Jimi Hendrixの「ディラン」、アイザックスターンの「チャイコフスキー」3 月6日月曜さらに追記あり

カーステレオでモンタレーのライブ音源    「Killin`   Floor」 ,「Foxy   Lady」、そしていよいよボブ.ディランの名曲「Like  A  Rolling  Stone」、テンポはゆっくりで、時おりブレークしたりしてドラマチックに歌い上げるジミヘン!

バックのドラムとベースの演奏は、心持ち押さえぎみ。

だが、サビに入るとバンドは一体感を増して、ジミヘンはハスキーな太い声を張り上げてあのフレーズ

◆「How  does  it    feel ? 」を繰り返し叫ぶ!(歌詞を修正しました)

追記3 月6日;

人生を転落していく主人公へ、過去の生きざまの反省を求めるような、リフレインが心に残ります。

 

 ◆入りの静かさとサビでの盛り上げはメリハリがあり、ライブ音源でのラフさはあるものの、この楽曲は聞き応えがあります。

□これなら、ディランにも納得してもらえると思います。

◆モンタレーのライブの頃は、まだジミーヘンドリクスはその名を世の中に知らしめてませんでした。だからカバー曲をやったり、さらには派手なパホーマンスで目立ちたかったのでしょう。「The  Who」を意識して。

 

さて、話はクラシックのバイオリンコンチェルト(協奏曲)、チャイコフスキーの曲でバイオリンはアイザック.スターン、これがまた素晴らしく聞き応えがあります。

◆ オーケストラをバックに、バイオリンの演奏です。凄い事ですよ?

◆50年以上昔の録音ですが、素晴らしい完成度、荒々しいバイオリンのタッチと繊細な音のメリハリにしびれてます。

追記;

◆バイオリンが2本の絃を同時に弾く、ハーモニーの重ね弾きで、グリッサンド奏法(フィンガーボード上のスライドで音程を上げ下げする)を行う楽章も聞き所だと思います。

追記;

◆ジャコ,パストリアスグリッサンド奏法は、フレーズのつなぎやアクセントとして効果的に活用してます。

◆バイオリン協奏曲は40年以上昔、独り暮らしのアパートで、朝飯の準備をしながらよく聞いてました。

◆アナログレコードはノイズはありましたが、音が繊細で迫力ありました。スピーカーも30

センチウーハー(低音用スピーカー)仕様などがマニアなら一般的なことでした。

 

◆ジャズの雰囲気をを感じるフレーズもありまして気に入ってます。印象としては男性的な楽曲ではないでしょうか。

◆また哀愁に満ちた「メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲」は、反対に対照的で女性的な楽曲です。

なんかとても泣けるメロディーラインでした。

 

◆ロックとクラシック、いずれも自分の好みと気分に合わせて聞くと、それなりに感銘を受けますし、また味わいもあるものです。

 

では、皆様良い週末でありますように。

 

 

 

 

 

Jaco、「ドナリー」コピー作業が14小節まで、やっとこさ!

はじめの4小節まで、約1週間かかり、14小節までは2週間で、やっとこさ!のコピー作業でした。

ベースマガジンの付録に「ドナリー」のベース譜面及びタブ譜が掲載されていたので、

無謀と思いながら、「ドナリー」のコピーを自作のフレットレス・ベースで、取り組む決心?をしました。

◆この楽曲のアルバム・レコード「肖像」は、今から約40年前に発売され
て、私はジャコと同い年なので25歳の独身の若者でした。

サンタナ・コピーバンドには、所属してましたが仲間の諸事情で、活動は停滞してました。

過去に、ウェザーリポートのライブ盤「8:30」を聞いて、ベーシストのジャコの存在を知り、

雑誌プレイヤーにジャコの記事が掲載されており、フェンダージャズベースの改造などについて詳しい説明が記載されてました。

それに感化された若者の私は、フレットレスベースの自作に踏み切りました。

実は自作は二作目で、はじめのベースはネックが反ってしまい使い物になりませんでした。

こちらは、フレット付きのベースでしたが、ネックは木材の生材のままで湿気を吸ったことが原因のひとつとして考えられました。

◆フレットレスベースのネックは一冬、ストーブの上にぶら下げて水分を除去し、乾燥させてから塗装しました。

これが幸いしたのか、38年たった今でも、ネックの反りは発生してません。

やはり、失敗の教訓が役に立ち、実用に耐えるベースが完成したのです。

話は、「ドナリー」に戻りますが、まさかこんな難しい楽曲に挑戦するとは思いませんでしたが、

65歳の記念?というわけではありませんが、映画「JACO」を2回見て、火がついて、とうとう楽曲コピーに至りました。

1ページ当り16小節あり、全8ページで128小節の気の遠くなる挑戦ですが、気長に根気よく取り組んでいくつもりです。

◆楽曲を聞きまくり、イメージを頭に染み込ませ、同じフレーズを何度も弾く作業で、指にも運指を覚えこませる、本当に根気が必要!

こんな地味な作業が必要なんですよね!

◆でも、なんとかメロディーがつながると嬉しいもんですね!

テンポはオリジナルに比べてかなりスローにしてます。

では、この辺で。