ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

懐かしの洋楽ポッブス

f:id:takeru1226:20200330045801j:plain
仕事休みの日、寝床に入って、懐かしのCDを聞いていると、心に懐しさが甦る。

しかし、人生思えば遠くに来たものだ!と、時間の流れを感じます。

妻も私も、共有した時間軸。

テレビは新型コロナウィルス、いよいよ首都圏での感染拡散になり、そして外出自粛、イベント自粛。

感染から発症の時間差の関係で、日を追うごとに発症の人数は増加していく。

コロナウィルス問題の見通し、先は、まだまだ見えず、終息までには時間が、相当な期間を必要とする状況となっている。

まさか、今日まで世界が、こんな事態になるとは、誰が予想出来たでしょうか。

冷静さも、平常心も、それを持ち続けることは、難しいことですね。

人間が本来持つ忍耐力に、掛かっているのでしょうか。

問題が、世界規模であり、そして日本の若者も、やっと危機感を察知し始めたようです。

自分の心の状態を努めて、穏やかに保つこと、そして慎重な行動をとること、心静かに日々を過ごすこと。

自分の信じる神に祈ることも忘れてはいけません。

さて、話が少し音楽のことになります。

私の場合は、ギターに触れて好きなメロディーをつま弾くと、心が開放されて楽になります。

しかし現実の緊張、緊迫感と感染の恐怖心に対しては、人間は長時間さらされると神経が持ちません。

そこで、平常心を取り戻す、目の前の緊張からの開放のためには、

私の最近のルーチンは、

ギターやピアノで頭に浮かんだメロディーを追跡すること、また好きな曲のメロディーを演奏すること。これで緊張感が解けて心がリラックスします。

現実に立ち向かう勇気も湧いてきます。

心が安らぐこと、それには音楽の処方箋が少しは役に立つのでは?といつもそこに行き着いてしまうのです。

それでは、ここで音楽の話です。

さて、久しぶりに聞いた楽曲は、長いこと部屋の隅に忘れ去られたCDから、

アンチェインド.メロディー「ライチャス.ブラザーズ」
#切々と歌い上げます。

悲しき雨音「カスケーズ」#ゴロゴロ!、ピカッ?!の効果音~鉄琴?シロホンのイントロから入るのが、何とも言えませんね。

オー!プリティーウーマン「ロイ.オービソン」#ギターのクリアな低音が痺れます。

この世の果てまで
「スキーター.デイビス
#ハスキーな女性ヴォーカルが魅力的で、美しいメロディーもよし!

青い影「プロコルハルム」
#バッハのG線上のアリアが原曲です、ロックサウンドに上手くまとめてます。男性ヴォーカルもパラードをせつせつと歌い上げます。
ドラムのローリングも恰好よし!

この胸のときめきを「ダスティースプリング.フィールド」
#エルビスもロッカ.バラードのアレンジで歌い上げてます。

砂に書いたラブレター「パット.ブーン」
#ソフトな歌声にうっとり、マッタリ!
などなど

サウンドが、シンプル、エフェクターや特別な加工をしない音源が新鮮に感じた。

せいぜい、残響のリバーブがあるくらいです。

1950年代や、アナログレコードの時代、ラジオから流れる洋楽ポップスは青春の思い出。映画音楽には、私的には音楽的普遍性を感じます。

音像が左、右、中央の三点に単純に分離されたステレオ、非常に単純なハイファイ音響?時代を感じさせるサウンドです。

現代のサウンドは奥ゆきも、広がりも、立体感さえも実現しました、
勿論、音質もエフェクターを使用して様々な加工を施してます、

多重録音も当たり前です。

50~60年前とは別次元のものに進化している。

たまには、古いオールデイズな音楽も、新鮮でいいものです。

50年の歳月はポップスの世界、ラジオから流れた音楽の記憶、自分の年齢、いつの間にか、もうこんな年齢になっていることを、あらためて感じさせる。

京都の思い出は、すでに過去のものになりつつある、清水寺三十三間堂

現実の世界の今は新型コロナウィルスの拡散防止が重要な課題となってますが、

なかなか思うように抑え込むことが出来ないのです。

ワクチン、治療薬の開発は重要な案件、課題ですね。

そして、私たちには慎重な行動が求められています。

スーパーマーケットにも食品が瞬く間に、売り切れる、異常な状況。鳥肉、牛肉、豚肉
etc,

マスクも手に入りません。ほとんど諦めてまして、自分で作るしかないようです。

せめて、心静かに日々を送り、音楽でも聞いて、時を待つしかないと、胸中はそう心を固める。

ひたすら家族の健康と安全を願う。
月曜日、早朝の
ふれっとれすおやじ

ビリー・ジョエル1976

f:id:takeru1226:20200329175325j:plain
f:id:takeru1226:20200329175403j:plain
Live at the BOTTOM LINE , NY , June 10th 1976
での、ライブ音源

ビリー・ジョエルが26才頃の若々しいヴォーカルが聞けるのです。

このライブ音源はイタリア、ミラノの出版になってます、レコーディング.クオリティーの音質からし海賊版だと思います。

一応、CDの音源はステレオで、価格と内容の充実からして、お買得品でした。

かなりくつろいだ雰囲気のライブ、MCもたっぷり、そしてリラックスな、しゃべりっぷり、それがより雰囲気の盛り上がりに、貢献している。

何とレイ・チャールズの歌の真似?これが、結構特徴を捉えていて、

オーディエンスに受けてまして、さらに場を和ませています。

とにかく、ピアノがムチャクチャ上手い!歌は勿論のこと。
ヴォーカルもライブとあって少しラフながらも、しっかり歌い上げている。

編成はギター2台、ベース、ドラム、サックス、キーボード、そしてビリー・ジョエルの生ピアノで総勢6~7名のバンドです。

ベースが生々しく響きます、ギターは右チャンネルから、歪んだサウンドを奏でて、ドラムが一番バンドサウンドの中心、遊びも感じるナイスな乗りで、キーボードは左チャンネル、サックスは渋い、枯れたフレーズを挟んできます。

ビリー・ジョエルのヴォーカルに同調して、バンドのサウンドはうねり、グルーヴを作り出します。

ビリー・ジョエルがギターの弾き語りで、聞かせる曲もあって、音楽性の幅も広くて聞き応えがある内容になってます。

部屋の隅から、偶然見つけ出した30年前に聞き込んだビリー・ジョエルの音源、

当時の自分の家族、新潟への帰省時、カーステレオで聞きながら長距離ドライブした思い出、子供はまだ幼くて、妻も若かったこと、
勿論私も、まだ40才手前の、親としての自覚が、ようやく身に付いて来た頃。

ビリー・ジョエル1976ライブ音源を久しぶりに聞いて、感じたこと。
音楽は、時間を一瞬でBack to the Future?
時空の行ったり、来たり、を可能にする魔法の薬。

30年の時間を一瞬で飛んで、想い出を甦らせてくれます。

雪がやんだ、日曜日の夕刻、雪の舗道、心が黄昏る。

ふれっとれすおやじ

ギターで安らぎ

f:id:takeru1226:20200329153033j:plain
京都遠征の疲れがようやく抜けた、雪の日曜日、昼過ぎには雪は上がりました。

日本も世界も、新型コロナウィルスの拡散で、国民の健康も、経済状況、そして非正規雇用フリーランスの生活維持、生活費が重大な課題となってます。
個人事業主、中小企業も、それ以外の会社に勤めるひとも。

2020オリンピックも来年の夏までの、約1年の延期が決定しました。
京都での所用のせいか、疲れがなかなか抜けず、ようやく気分が通常の状態に戻りました。

寄る年波には勝てませんね。

帰りの、新幹線の環境、乗車率が高くて不安は残りました。
勿論マスクはしっかりしてました。


老朽化したガットギターで軽くウォーミングアップ、弾くのは「パプリカ」、次にスチール弦のフォークギターで指と心の思うままにメロディーをつま弾きます。

「パプリカ」から入って、次は思いつくままの、オリジナルのメロディーが浮かんできてしばらく弾きこんでました。

久しぶりのギターですが、メロディーが自然につながっていきました。頭が軽くなって心が開放されていきます。

心がだんだん、くつろいでリラックスしてきました。小学生のころ、ミステリアスな気分にさせられた「マドンナの宝石」という、
ポピュラークラシックのメロディーが浮かんできて、しばらくの時間ひたすらメロディーをギターの爪弾きで追いました。

Youtubeでも、朝比奈隆の指揮のVersionを呼び出し、ギターで合奏です。

緻密に組み立てられた、楽曲の素晴らしさ!まさに「マドンナの宝石」、美しいメロディーです。

出口が見えない、コロナウィルスの拡散、毎日の生活、自分に課せられた仕事の責任などなど。

ピアノは、今日は触れてませんが、ギターの素朴なサウンドに心に安らぎを、ひととき感じたのでした。

健康体操で、NHKくねくね体操も、鈍った体をリフレッシュ!

ふれっとれすおやじ

京都、三十三間堂、追記、

f:id:takeru1226:20200322152327j:plain
ラストは三十三間堂

ホテルから10分ほど歩いて、京阪電車の駅まで、

そこから一駅で下車、徒歩でスマホのナビゲーションを頼りに追跡。

家屋や店が並ぶ、狭い道を通り抜けて、しばらく行くと、

広大で、長く続く塀が、目に飛び込んで来ました。
f:id:takeru1226:20200322152451j:plain
いよいよ、三十三間堂が間近に迫ってます。
朱色に塗られた門柱が輝いて見えました。

そして、いよいよ正門をくぐり抜け三十三間堂の建物が迎えてくれました。

順路に沿って進み、いよいよ待望のご対面です。

薄暗い展示室内に、鈍く光沢を放つ、立像がずらりと整列して出迎えてくれます。
f:id:takeru1226:20200324210909j:plain
「パンフレットの引用」
最前列には、恐い形相の神様が立ちはだかり、何かを守っているのでしょう、凄い眼光を放ってます。身長は165㎝くらい。
f:id:takeru1226:20200324211040j:plain
「パンフレットの引用」
金色の仏像は斜めに整列して、1列当たり10体が、立像の姿勢で並んでます。身長は170㎝くらいに見えます、私たちを高い位置から見下ろしているので、背が大きく見えるのです。思わず見とれてしまう、静かな表情をしてました。

私は線香を一本買って、火を付けて、炎を消してお供えしました、

中央の仏像の前では、祈祷の読教が荘厳に、執り行われています。

そして、私も祈願しました、コロナウィルス感染の収束、そして家族の健康を。

中央に鎮座する、ひときわ大きな仏像の左右に、500体ずつの仏像、

合計1001体があり、その光景は見るものを圧倒します。

風神、雷神像はその数に入るかどうかは分かりません。しかし、存在感はしっかりありました。

仏像の1体目から、1001体目のスペースを観賞し終わるまでには、心は圧倒されて、自分の心の何かが入れ替わるような感覚を感じました。

心のなかでは「凄いものを見ているのだ」と驚きの気持ち、さらに感動、そして畏怖の念を覚えます。

この仏像を製作したのは、鎌倉時代の彫刻家、運慶、息子の湛慶ら、凄腕の掘り師たちです。

その後ろには、幕府の後ろ楯、サポートもあったと思います。

仏像は寄木の木製で、表面は漆が塗ってあるのです。その上に金の装飾!しかし、所々剥がれて下地の黒い地肌が見えてます。

1体1体、表情が違っているのは、人間的な心を感じさせます。

仏像展示の裏側の資料展示も、全部観賞が終わる頃には、体はしっかり冷えきってしまいました。

しかし、今回の三十三間堂の千体の仏像に会えたことは、心のなかに充足感を与えてくれました。

ふれっとれすおやじ

帰宅後に、少し修正や追加をしました。やはり、所用と仏像観賞の疲れが出てます。

京都のメイン、清水寺

学生時代の思い出にはインパクトはなかったような清水寺

中学生、高校生時代で訪れた清水寺の印象は、それほど強烈ではなかったのです、修学旅行ですから。

現在60代後半になって、味わう京都の名所、清水寺は強烈なインパクトで迫って来ました。

東京が日本の経済と政治の中心なのは、現在誰もが認識する事実ですが、かつて京都が地理的にも政治の上でも日本の中心だった歴史上の事実、さらに清水寺の異様?偉大な様は権力の象徴も表していたのではないてしようか?

と訪れて感激した私は、心のなかに沸々と燃えたぎるものを感じたのです。心が騒ぎました、本当に!

歴史や政治にも疎い私ですが、清水寺に向かう登りの坂道を歩きながら、
何か目に見えない、スピリチュアルな気配を感じたのです。ワクワクする様なものを。
f:id:takeru1226:20200321190824j:plain
時刻は4時50分くらい、6時で閉門なので、何とか間に合うタイミング、夕暮れに向かう時間でした。

清水の舞台は恐ろしい高さに設定されており、建造物としての大きさ、スケールの膨大さ、建築手法の謎、誠に興味をそそられる建造物でした。巨大な柱の組み造りに圧倒され、言葉を失います。
f:id:takeru1226:20200321191409j:plain
さて私は、清水寺にあるおみくじを引いたのですが、何と大吉を引き当てました。とりあえず安堵。

一緒に引いた息子は、凶でした。これで彼は何回目の凶だったのか?、通算3回目くらいか?

その確率の高さに摩訶不思議な恐怖を感じてしまいます。凄いパワーを持ち合わせているのでしょうか?我が息子は!...

私は、今だかつて凶は引いたことがなく、たかがおみくじくらいで~
と言われても、やはり気になります。

凶を引いてしまうことについては。

さて、明日は日曜日、京都もラストになります。三十三間堂を目指します。午後は雨予報なので、ちょっと気になります。

土曜日、21000歩歩いてホゲーとしてベッドに横たわる、
ふれっとれすおやじ

f:id:takeru1226:20200321201301j:plain

京都の土曜日、次のホテルにて。

f:id:takeru1226:20200321121137j:plain
出発は9時10分、ホテル、リーガロイヤルを後にする。、

テレビ東京は京都では見れない、ツインベッドの片方でくつろぎ、温水シャワーで汗を流しひと休み。

夜中は、一応眠りはするが、何度もトイレに、しかし何とか睡眠がとれたせいで、疲れは取れたようです。所用の緊張感のせいなのか。

起床後、ヘアジェルでセットしドライヤーとブラシでまとめる、

髭反り、アフターシェイブジェルには助けられた。
肌がしっとりします。

今は、喫茶室VELOCEにて朝食、久しぶりの新聞、読売新聞

サンドイッチとコーヒーで空腹を満たす。

京都のVELOCEには、若い学生のグループの会話が弾む、ここち良い、バックグラウンドなサウンド?空気感、

言葉のイントネーション、神奈川とは違う、京都弁は、耳にソフトに感じる。

面接リハーサルの二人の女性がすぐ隣の席に、先輩と後輩かな?バーチャル

新聞を読み始める、コロナの影響が世界各地で、

日本は、学校の授業再開について、政府からの見解が記事になっていた、

いつまでも、休みが続くと授業の遅れが、子供たちにとっても大問題となるのです。

あと労働者、働く母親へのお金の配付、8110円、フリーランス4100円でしたか、

さらに一万円、二万円、とか五万円とか、そんな財源が本当にあって、支給ができるのでしょうか?

底を突く心配は、ないのでしょうか、

払った後が、どうも不安になります。経済には疎い、私ですが

待ち合わせに、ロビーでくつろぐ、
ふれっとれすおやじ

京都の夜、近鉄電車と京阪電車

f:id:takeru1226:20200320214652j:plain
朝の5時40分に車で出発、神奈川県の天気は快晴、車中から富士山の雄大な姿に感動しました。
f:id:takeru1226:20200320222728j:plain
京都に向かう長い道中、3回ほど休憩、愛知県、岡崎のパーキングでは雨が降って気温も下がってきました。

高速での走行時、横風が強く、車が左右に揺さぶられ、ドライバーの負担になり大変危険でもありました。

3連休の初日とあって、交通量は増えたりしましたが、流れはスムーズでした。

およそ456㎞ある京都までの道のり、二人のドライバーにより交代で運転、昼過ぎには何とか、京都市内に到着しました。

京都の市街地を歩いたら、やはりマスクをしている人が目立ちました。
私は自作のガーゼマスクを着用。

3連休なので、京都市内の人の出はありました。

私の服装はワイシャツ、綿セーター、春物のジャンパーでしたが、陽射しが暑くて、体がオーバーヒート気味です。

所用は、夕方から4時から夜の7時半くらいで終わり、宿泊するホテルに戻りました。

京阪電車近鉄電車を乗り継いで。

明日は京都の神社、仏閣、名所を幾つか巡る予定です。

金曜日夜の、ふれっとれすおやじ
土曜日、早朝に更新
f:id:takeru1226:20200320214513j:plain
f:id:takeru1226:20200320214607j:plain
f:id:takeru1226:20200321035031j:plain