ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

図書館で音楽もの本5冊「ロング&ワインディングロード」など。

f:id:takeru1226:20171211015419j:plain
f:id:takeru1226:20171211032808j:plain
写真の5冊、音楽ネタの本を借りました。真ん中3冊はビートルズの本ではありません。曲名が本のタイトルというだけです。

東京バンドワゴン」のシリーズ繋がりで、「オブ.ラ.ディ.オブ.ラダ」、「ヒア .カム.ザ.サン」、そして「ザ・ロング&ワインディング.ロード」3冊と

イーグルスのギタリスト「ドン .フェルダー自伝」、そしてメインは「クリムゾン.キングの宮殿」の2冊、しめて計5冊重かったです。

図書館で「ザ・ロング&ワインディング.ロード」の頭20ページを読み主人公の幽霊お婆ちゃんが、

息子の我南人「がなと」ロック好きなバンドマンのギタリストや孫の研人「けんと」高校生のバンドマンでギタリストのあれやこれやを、幽霊の立場で観察し語っていくハートウォーミングなストーリー。

途中は飛ばしてラストの孫の研人のバンドと息子の我南人がテレビで共演するクライマックスまでいきなり拾い読み。

それでも、心にジーンと響くものがありました。

ポイント拾い読みは滅多にしませんが、今回のメインは「クリムゾンキングの宮殿」なので時間制限があります。仕方ないのです。

こちらは「キング.クリムゾン」の成り立ちをメンバーのインタビュー記事で編集されたもの。

こちらは92ページまで、暖房した部屋の中でじっくり読み、

果たして「キング.クリムゾン」とはどんな音楽をやるバンドなのかYoutubeで検索し、まずは「像の歌」という曲からはいり、あとジャパンライブと続けました。

その個性的なサウンドに圧倒されました。

単純にロックとは呼べないバンド、技術的な高さ、楽曲の構成と強烈なバンドのサウンドに目と耳が釘付けになった。

まずギターはオールドのストラトエフェクターを激しく掛けまくり。

ライブの曲中でシンセサイザー音色に加工される、透明感がある綺麗なそのサウンド。

日本のギタリスト「高中正義」が作りそうな宇宙的なサウンド。

もう1人ギタリストがいて、こちらはノーマルなサウンドで地味にジャズっぽいフレーズやロックの香り。

ベースがまた私が今まで見たこともない楽器、ネックの太さがギターの2倍、10弦くらいあるのか、

太い弦が真ん中にあるようだ。映像からは判断ができないものでした。

しかし、ベースパートはしっかり確立されている。

演奏のパッセージは複雑で速い指使い。弦は指で弾き、かなりヘッド寄り、フィンガーポードの上で左手の近くで弾いている。

ドラムはノーマルなスタイル。
パーカッションだけの時もある。

さて、ボーカルはリードギターが担当しこれまた、前衛的な歌いかたで正にミステリアス。

日本公演のライブ映像はなかなか盛り上がってこんな個性的なバンドにファンが喝采を送ってました。

もう一冊のイーグルス「ドン.フェルダー自伝」は前書きのみ読んで、あの伝説の2枚組ライブの裏話やエピソードが楽しみです。

日曜深夜のフレットレスオヤジでした。

追記、「キングクリムゾン」のバンド成り立ちの過程で、デビューまもないジミヘンドリクスも顔をだしたり、シャドウズのメンバーが顔を出したり、1960年代のイギリスのロックやポップスの成り立ちが新鮮な気持ちで感じとることができます。

ロックアルバム50選から漏れたartist。

思いつくまま過去の思い出をつづります.

ジョン.マクラフリンとマバビシュヌオーケストラ?と命名されていたと思います。

日本武道館でライブを見ました。アリーナの後ろのほうで。

電気バイオリンとダブルネックのギブソンSGタイプ、ジャズロツクというのだそうですが、キーボードはヤンハマー、ドラムにビリーコブハムそうそうたるメンバー。
バイオリン奏者は名前忘れましたが。

私もキリスト教の教会へ通っていた時期があったので、宗教的な感性が何かを感じたのでしょうか。

とにかくリードギターのフレーズが超早弾きでした。「火の鳥」がヒット曲で楽曲が宗教的でイスラム教の臭いを感じさせるものでした。
ライブ前にお祈りタイムもありました。

ポール・サイモンも弟引き連れて武道館でライブ。弟もギター。

歌はやはりボール.サイモンひとりだともの足りません。アート .ガーファンクルとのデュオが聞きたくなりました。

かなり前の方で見ることができ私はさらに双眼鏡でポールのギターテクニックを観察。

手首が異様に柔らかく見えたことが印象に残ってます。鞭のようでした。ギターはメチャクチャ上手かった。

ジョーンバエズも武道館で、アリーナ席で。

フォークの女王と言われたシンガー・ソングライターです。

「オー!ハッピーデイ」なんか印象に残ってます。アコースティックなので結構地味な雰囲気でしたが、皆san静かに聞いてました。

なにせギター一本の弾き語りですから。

ギターはボディーの小さめなものを使用。森山良子も同じやつを使ってました。

反戦歌という部分もありましたが、ベトナム戦争当時は、ボブ・ディランとともに注目されました。

スリー・ドッグ・ナイトも武道館でアリーナで。

3人の格好いいボーカリストが繰り広げるステージは華やかでなかなか面白かった。ひとりひとりの個性のぶつかりあいでした。

ハーモニーはアメリカ的なもので、ファッションはパンタロンスラックス「裾のほうが広がっているズボン」が一般的でした。

今、このファッシヨンはあまり見ることが無くなりました。

今覚えているのはチャック.ネグロンの名前くらいです。

「喜びの世界」が大ヒットしました。ライブアルバムではカバー曲もオープニングで唄ってました。
曲目は忘れましたが。

サイケデリック.サウンドや鮮やかなペイント、フラワームーブメントと言うやつです。Marifuanaなんかも常用されてた時代。

ドレスアップしたジャンプスーツ、飾りが結構アルヤツでした。

エリック.クラプトン、ジンジヤー.ベイカー、ジャック.ブルースで構成されたグループ「クリーム」もそんなファッションしてました。

ブラザーズフォアも新宿厚生年金ホールで、彼らはキングストン.トリオとライバル関係、実力は後者のほうが評価されていたと言われます。

アコーステイックの楽器、ギターとウッドベース、笛とか、たまにパーカッションも。

問題はコーラスの出来ばえですが、ロックとは違って大音量ではなくて、生音に近いものでじっくり聞けますが、ラストの方はだんだん飽きてきてしまいました。

「グリーンスリーブス」が一番でした。

「花はどこへいった」は日本で大ヒットしました。

ロックとは違う音楽の世界を味わいました。

フレットレスオヤジでした。
深夜にNHKの足ガールを見ながら。

ベンチャーズの「楽しいソリ滑り」とスーパーマン

f:id:takeru1226:20171209235140j:plain
結局は、Aメロディーはロウポジション、0フレットの辺りで2フレットで弾くとゆったりしたサウンドになるようでした。

ノーキーのギターの音はゆったりした、サスティーンの効いた響き、ライトゲージ独特のものだ。

私は少し考えすぎていたようです。

ロウポジションのほうが、重ね弾きで中指、薬指で和音を作るときに綺麗な響きになる。

さて、サビは前半と後半でオクターブを上げる感じで演奏されてました。

前半はロウポジションのFの和音をアルペジオ風に5.4.3.2弦の順でピックで滑らすように弾く。

後半では、E♭「D♯」を6フレットで4.3.2.1弦の順で歯切れ良く滑らし弾き、

サビのラストにシンコペーションしながら2弦を中心にハイポジションでまとめる。

振り返ってみると、ポジション取りは、メロディーの導入部では響きがゆったりしたロウポジションのほうがベストなようです。

サビ前半から後半へ、さらに決めのフレーズでハイポジションへとつなげることが自然で無理がないように思いました。

ベンチャーズのノーキーのテクニックから学びました。

土曜日、フジテレビの「マンオブスティール」f:id:takeru1226:20171209235226j:plain
を見ながら、テレビが少し騒がしいですが「楽しいソリ滑り」の練習経過でした。
f:id:takeru1226:20171209235411j:plain
フレットレスオヤジでした。ギリギリ土曜日の深夜です。

NHK-FM 土曜朝7 時20分音楽番組知ってますか?

電車の中で聞きながら過ごすことがたまにあります。

今回注目はローリング・ストーンズの未発表曲、1965年当時レコードになってなかったものなど。

イギリスBBC放送局のオンエアのものなどかなりレアな内容で聞き得な内容でした。

ローリング・ストーンズの曲は4 ~5曲はやったと思います。

ミック.ジャガーの声がかなり若々しく聞こえます。

バンドのサウンドもシンプルでストレートでグングン迫ってきて、新鮮な気持ちで聞くことが出来ました。

その後、クリス.レアとC.C.Rクリーデンス.クリアウォーター.リバイバル による「Susie Q」.。

クリス.レアの方はなんとリードギターをジェームスバートンが弾いているというので耳を澄ませてしっかり聞き込みました。

さすがにエルビスのバックをしっかり勤めただけあって、ギンギラの素晴らしい演奏、テレキャスの歯切れとサスティーンが効いた彼独特のフェンダーエレキのサウンドに感服しました。

たまにはNHK-FMもいい曲やるものですね?普段は結構地味にやることが多いのですがね。

C.C.Rの「Susie Q」はほんとに久しぶりに聞きましたが、これまた素晴らしく、ギターワークは生々しく、怪しい雰囲気が伝わってきました。

ボーカルやアレンジのエフェクト、曲全体の雰囲気がミステリアスなんです。

ピーター.バラカンさんがMCで番組は進行してるのですが、過去にボブ・ディランのボックスセットのサウンドも紹介してくれ、ザ・バンドのサウンドも聴け、なかなかめったに聞けない音源をラジオに流してくれてます。

スティーリー.ダンの曲もたまにかかったりしまして、私の好きなドナルド.フェイゲンの歌も聞けてます。

この番組のお陰で朝からテンションが上がります。

番組名は「サンシャインミュージック」とかだと思いますが、気に入りました。

土曜朝のフレットレスオヤジでした。

追記、9時からはゴンチチの番組ありまして、アル.クルーのギターの音を久しぶりに聞けました。
こちらも選曲が素晴らしく感謝、感謝ですね。

雨の週末はロックアルバム50選よむ。

本の内容と関係なく、思い付くままにアーティストの名前が浮かんできてます。、これは私がライブを2回も武道館で見て、海賊盤まで入手、40年前に横浜で。それは!

レッド・ツェッペリンです。

次はサンタナ、バンドでコピーもやりましたが、いまいちのクオリティーでした、農耕民族でリズム感なしの我々では所詮無理でした。

以下、順不同で羅列します。
ポップスも含んでしまいました。

エルトン・ジョン、クイーンQueen, The WHO, バニラ.ファッジ,
ジミヘンドリクス、ピンク・フロイド

女性でウーマンリブのトレードマークとして、ヘレン .レディーもいました。

ミッシェル.ポルナレフなんかも。

ギリバートオサリバン。
いい曲ありました、アローンアゲインやフェームとか。

宇宙的な未来サウンド、エマーソン.レイク&パーマ、ウエストコーストのイーグルス

第2のボブ・ディランと言われたブルース.スプリングスティーン、キャロル.キング、ニール・ヤング

レオン・ラッセルボブ・ディラン、シカゴ、B.S.Tブラッド.スウェット&ティヤーズ 、ジョーコッカー、オールマンブラサーズバンド、クリーム、キングキリムゾン、チェイス?、ザ・バンドボズ・スキャッグス、スティービーワンダー、

ジャニス.イアン.、ヘレンレディー、マイケル・ジャクソン

エルビスプレスリービートルズローリング・ストーンズ、アニマルズ、ダイアナ・ロス&シュープリームスケニー・ロギンス

フランク・シナトラカーペンターズ、コモドアーズ、

ベンチャーズ、シャドウズ、ボビー.コールドウェルなどなど

勝手気ままに。
フレットレスオヤジでした。
雨で寒い12月の夜に。

ANKERその後

風呂で聞いたベンチャーズ.クリスマスアルバムのあと、ヒット特集が自動でかかりテレキャス弾いてるノーキーばかりがアップされていて少し不満です。

ANKERを布団の上、枕の脇に置いたらベースもしっかり聞こえてGoodでした。

こんなのが開発されて生活が変わりますね。じいさんでもね!

音楽三昧の冬。呟きでした。

ベンチャーズ」続編ですが、ノーキーのオールドのテレキャスはいかした音をだしてます。

ライトゲージで得意の重ね弾き「ピック弾きの音と中指、薬指で弾く音で和音を作り独特のハーモニーを造り出す。」シビレマス。

しかし、彼らも年を取り現在オリジナルメンバーはジェリーマギー一人だけ、メルテイラーの息子がドラムやってますが、1965年からのファンとしては寂しいかぎりです。

時の流れは誰にも止められません。

フレットレスオヤジでした。

ANKERでベンチャーズ.クリスマスアルバム

風呂場の前の洗濯機上にANKERの外部スピーカーを置き、スマホYoutubeからベンチャーズのクリスマスアルバムをダウンロード!

湯船に浸かりながら、寒い冬の朝をリラックスしたゴールデンタイムに変えた!

木製のテーブルに比べて洗濯機のような軽く不安定な上では、本来ANKERが持つオーディオ特性、低温のベースやパンチのあるドラムサウンドは再現不可能なのが解りました。

しかし、乱反射しながらも風呂に入りながら、好きな音楽を聴けるのは本当に素敵な事です。

皆さんも4000円で、いかがでしょうか?息子のプレゼントが身にしみて嬉しいフレットレスオヤジでした。

今年の年末は寒さが身にしみてます。