読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

ベーシストのレコーデイング

ソニービルライブの流れが、そのチャンスを呼び込んだ!。

私の音楽人生で、初めてのレコーディングという幸運に遭遇したのです。

バンドの他のメンバーには、申し訳なく思います。
それは私だけがこんな楽しくて、ワクワクする経験が出来ること。
これはバンド活動のおかげで、舞い込んだラッキーな未体験なイベントだから。
アマチュアでもセッションベースとして
採用してもらえる。

俺はなんと幸運な音楽人生を歩んでいるのだろう。

このレコーディングスタッフやミュージシャンが私以外は皆、プロの人達だから。
ドラムは大学でジャズバンドのドラマーやってセミプロだが。

音楽愛好家の私としては、いろいろ勉強になるし。

ベンチャーズサンタナのコピーバンドはその後1年半くらいは続いたが、メンバーの個人的な事情で活動が出来なくなったのです。

キーボードは、ソニービルの時の人はバンドを辞め、代わりに新しい音大の女性が加入して、少しは形になりつつあったので残念なことでした。

本ブログ記事2回目の「ベーシストのオーディションその後」で、OBさんという男性が登場したのを思い出して頂きたいのです。

彼はヨーロッパのある国のある街で3年間、コック(料理人のことです)の修行の為に滞在しました。


その時の体験をもとに、自作の歌を作りました。
どうしても形にして残すために、レコーディングをしようと考えたのです。

初めは、ギターの伴奏だけでレコードを作るつもりでしたが、どうせレコーディングするんだったらバンド形式でやったほうがいい、と友人からアドバイスされたのです。

ドラム、キーボード、エレキギターはバンドの演奏スタッフが決まったのですが、ベースだけが決まってませんでした。

そこで、どういう話の繋がりでこうなったのか分かりませんが、たぶん私のべースオーディションの時、ドラムを演奏したジャズバンドの人あたりから、話がいったのではないか? と推測いたします。

私にベースの依頼がきたのでした。
私にとって初めての体験ですよ。
そりゃーもう、嬉しかったですよ。

この続きは、また次回まで。