読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

Jacoの映画見ましたよ!速報です。


f:id:takeru1226:20161218194334j:plain


映画館は、超満席!全指定席で空いているのは最前列の7-8席のみでした。全95席のミニシアターです。

さて、私が一番気になっていたことです。
彼の最後のエピソード、死亡したのは、
サンタナ」のライブを見に行った日であった。

そしてライブ会場の警備員と揉め事を起こした。

その数時間後に、外で誰かに、撲殺された。
頭蓋骨骨折し、脳内の血管が切れてしまったらしい。

本当に悲惨な状況である。

入院したが、助からなかった。

犯人は、まだ見つかっていない。

ジャコは精神科医の診断によると、双極性障害という躁鬱の精神疾患を患っていたとのこと。

ラストの方の映像から、人の話を静かに聞くことが出来ない、病的な姿が映しだされた。

しかし、映画の終わりのほうの場面では、
自作の「リバティー・シティー」?を、
ピアノアレンジで、カッコ良く演奏する映像に、私は彼の音楽的才能を見ることができた。

ジャコは、ドラム、ベース、ピアノも演奏するマルチプレイヤー。もちろん、作曲、編曲も。

ジャコの残した大切なメッセージとして、

「音楽に対して、先入観を持たずに、心を開いて、それを受け容れることが大切なんだ。」

と私達に、教えてくれていた。


映画から伝わったのは、彼が家族を養うため、
「ベースプレイヤーとして、何としても成功しなければ」
という使命感であった。

アコースティックベースまたはアップライトベースともいうが、それが湿度の関係で破裂してしまい、
何とかしたいと考えた。

そこで、独自のサウンドを作るために、ジャズベースのフレットを抜き、自分の手でフレットレスベースを作り上げた。

◆フレットをくり抜いた後で、表面に船体用に用いる硬化性の塗料を塗り、乾燥後、研摩するなどして仕上げた。(雑誌「プレイヤー」からの引用 )

私も、この情報に感化されて、自分でフレットレスベースを制作するに至ったのです。

そして、彼が生み出したベースの新しい演奏法は、音楽に携わるあらゆる人達に注目された。

あらゆるジャンルのアーチストから声が掛かる。

今まで、誰も成し遂げたことがない、ベースという楽器の演奏スタイル、

ハーモニックス奏法、凄まじく早いフレーズ、正確なパッセージ、異なるジャンルの音楽との融合、

古く懐かしいサウンド(30年前)の表現は、観客と周りのミュージシャンたちに、驚きと感動を与えた。

まだまだ、伝えたいことが、ありますが今回はこの辺で。