読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

サポートメンバーのベーシスト2

本番ライブの前日土曜日、P県の自動車工場に到着した。今回の出張は、前のバンドのリードギターも一緒である。

今回の話は彼を経由して私のところに来たのである。

ちなみに私は車メーカーの社員ではありません。

彼も同じ車メーカーの社員だが別工場に勤務しており、同じ企業内の顔見知りである。

これから顔を会わせるバンドのリーダーとも音楽、つまりバンド活動を通じて既につながっていた。

会社休業日なのか、構内は静かであった。多分、昼過ぎからリハーサルに入ったと思う。15年前の事ゆえ正確には、何時だったかは忘れた。

バンドの部室に向かう途中、メンバー達とも初対面の挨拶をした。

初顔合わせで、バンドのリハーサル、明日午前11時からライブ本番である。

お互いの技量を探り合うことになるのだろうか?
少し緊張してきた。

学校の教室くらいある広々とした部室であり、アンプやドラムセットが置いてある。

その反対側、向かい合わせにキーボード、ヤマハDX7がスタンド台の上にセットしてある。演奏者は紅一点の女性、総務の人である。スラックスで細身の人。

私はベースをソフトケースから取り出してチューニングを始めた。合わせ終わったところで、練習の1曲目は「クルーエルシー」から入った。

このバンド独自のアレンジがされていてリズムの流れがベンチャーズオリジナルとかなり変えてある。

サビの1部分が変えてあるだけだが、練習して覚えたり、体に染み込ませないと
本番では失敗してしまう。

4-5回は練習して、なんとか安定してきた。サウンドに一体感がでてきた。

さて、問題は「キャラバン」であり、ベンチャーズの最高難度の曲でもあり、気合い入れて練習しないといけない。

曲の途中にドラムソロまで入るのだから。

ドラムとベースが呼吸をしっかり合わせないと、メロディーラインもリズムも成立しない。

キーボードもコード弾きで絡んでくるアレンジになっている。

5-6回は練習し、一応なんとか様になってきた。

明日の本番に人前で演奏出来るレベルなのかは、少し不安があるが、まあなんとかなるだろう。

この続きは、また次回です。
私はこれから寝ます。