読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

Jacoとジミー.ヘンドリクス、ジェフ・ベック

ジャコがステージで演奏する、ジミー.ヘンドリクスの「パープルヘイズ」、低音のブーストサウンドとハイポジションのディストーションがかかった歪んだメロディーのフレーズ!

 

ジャコの顔は真剣な表情、神経を集中し、しかし心は冷静さを感じさせる静かな表情!

ときおり、即興のフレーズを盛り込みながら、またメインのリフ!

 

金曜日、2本目になる投稿ですが今回はジミーヘンドリクスの凄さ!について、一言?ひとこと、ふたこと。

つぶやいてみます。

 

リードギターをしっかり弾きながら、ボーカルもやる。そのハスキーな声は脱力系!

演奏するギターに70%の力を入れて、ボーカルの方は残りの30%くらいかな?

 

ギターの演奏は、難しいフレーズも歌いながら完璧な完成度です、特に唸るようなビィブラートがしびれます。

クラプトンとはまた違うタッチの強いサウンドになります。

 

ライブの「Voodoo   Child」1969で聞くことが出来ます?   youtubeで見てください。

「killing   Floor 」では、ギブソンの白いSGを使ってます。

 

ジミーヘンドリクスのバンド「エクスペリエンス」はドラムもジャズっぽくて、凄腕!

ベースもソロパートありで、まるでジャズのスタイルだ!

 

ジェフ・ベックもジミー.ヘンドリクスのギタープレイを見て、精神的ショック受けたらしい。

一時は「ギターを弾く気持ちになれないくらいの衝撃」を受けたとの一説あり。

 

ジャコも同じくらい、感化されたのだろう。

私もyou tube の動画を見ると、その凄さに圧倒されます。  

 

ではこの辺で、つぶやき終わります。