読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

JacoのCD 聞きながらのドライブ!

久しぶりに孫の顔を見に、娘の家まで車で向かった。

妻が夕食のおかずとなる、鳥の唐揚げを作りに行くのです。

私はドライバーとしての役回り、孫(もうすぐ三歳になる男の子)の

遊び相手もやるつもりです。

 

日曜日の今日は天候にも恵まれ、まずまずのコンディション。

車の暖房なしでも、しばらくは走れましたが、やはり弱めにヒーターを

かけ足元を暖めることにしました。

 

娘の家は車で一時間くらいの場所なので、CDを聞きながらドライブするのが

丁度よい距離です。

 

Jaco のアルバムを5枚ほど用意していたので、まずは「レアコレクション」の

一曲目「ドリームランド」のゆったりしたフレットレスベースのサウンドから、入りました。

 

スローなバラードで、Jaco が物悲しいメロディーをしっとりと歌うように弾く楽曲は、寝起きの

頭と体にマッチしてました。

 

ジャコの歌心あるベースサウンドは、心にすんなりと入り込んできます。

 

次は 「 Three  Views  of  a    Secret 」  のツゥーツ,シールマンスのハーモニカか奏でる転調部分が聞きたくなり、

CDを「Word   of    Mouth    」に変え2曲目をセッティング。

この曲はコピーするには難度が高いので、keyを探すまでにはいかないので、今夜辺りコピー作業を

やるつもりです。

 

話は変わり、「The   Chicken」のkeyは、多分 Bフラットかな?

と考えていたら、これは運良く的中しました。

ブラスセクションのオーブンキーは、Bフラットだから、当然といえば当然なことです。

むかし少しコルネットを吹いていたので、経験から予想してました。

 

 ジャコは、フレットレスベースを乗りのよいリズム、前乗りなフレーズでグイグイバンドを牽引して、

ピーターアースキンのバスドラもそれに絡み絶妙なグルーヴ感覚です!

というより、ドラムの乗り、ハイハット、スネアのリズムの刻みが楽曲をもり立てています。

ブラックマーケットのグルーヴ感を彷彿とさせるドラムの存在感!

 

 アルバム「8 : 30 」のブラック.マーケットのメロディー繋ぎ、バリエーションのフレーズを

聞くために、3枚目のCDにチェンジ。ちなみにここでジャコが弾いてるベースはフレット付のジャズベースです。

これも Key は      Bフラットです。

 

「バードランド」もフレット付のジャズベースを使用してます。これはYoutubeで確認しました。

ピッキングハーモニクスチョーキングが光ってます。keyは  Gです。

このライブ盤2枚組は、歓声もリアルに収録されて観客の熱気が伝わってきます。

 

オープニング直前にジャコを応援する観客の声に、こちらまでワクワクしてきます。

「ブラックマーケット」、「スカーレットウーマン」、「Teen    Toun」まで聞いて一旦CDを停止。

 

妻から90歳の誕生日を迎えた彼女の母親の話を、聞きながらしばらく車を運転していると、

娘と孫が待つ家に着きました。

 

お昼の弁当を買うため、四人で近くのショッピングセンターまで、車をゆっくり転がし私は

車内で用事が済むのを待ちました。

 

先ほど停止 した「8 :  30」のブラックマーケットから再度聞き直していると、妻と娘そして孫が買い物を

終えて戻ってきました。娘の家まで車を転がしゆっくりと運転しました。

 

家に着いたら、孫と塗り絵帳で塗り絵作業を始めました。車のデザインの絵柄に孫はクレヨンで力強く塗りまくり

私は常時携帯しているゲルペンの赤や茶色で塗り絵ではなく、ハッチング(斜め斜線掛け)で空白を埋めていきました。

 

車のスタイルはラリーカーのようで、ボディー色は赤でドアだけは黄緑という派手なカラーですが、孫はブルーのクレヨンで私のハッチングの上から力強く塗りまくってました。

 

次はダンプカーの絵柄の塗り絵です。ボディー色は私の趣味で赤になりましたが、タイヤはやはり黒しか考えられないので、黒のクレヨンで私が丁寧に塗り終わると、孫はその上からピンクのクレヨンで力一杯塗りまくります。

 

タイヤの黒にピンクの色が重なり、ぼかしの色合いがとてもお洒落になりました。

まだ、孫は幼いので鉛筆持ちはできず、ただクレヨンを棒切れのように握りしめて、力まかせのペイントは、

最後はピンクのクレヨンをボキリと折ってしまいました。

 

そうこうしているうちに、昼御飯です。弁当に加えて鳥の唐揚げ、酢の物を食べ、孫はオムライスを半分くらい食べてあとは残してしまいました。

 

しばらく食休みしてから、孫は庭に出て外遊びを始めました。私も合流し三輪ベビーカーを押して、孫の「4輪座り暴走移動カー」を相手に、激しく対抗してのバトルレースがスタート!

 

孫の脚力は相当なもので、老人の私がやったら脚と腰を痛めてしまうほどの激しい動き!

なんとか私は三輪ベビーカーで孫に対抗して追跡しました。

 

30分は続けたと思いますが、スタミナも切れたので外遊びは終了。家に上がり孫の手を洗い皆でフルーツを食べました。グレープフルーツのような柑橘系の果物は酸味も甘みもソフトで体にしみました。

 

ひと休みのつもりで私はうたた寝して、目が覚めると孫の顔が迫って来てささやくように、

「おうちに帰りな!」と命令口調で告げられ少し落胆しましたが、これが子供の残酷さと解釈し気をとり直しました。

 

それから一時間くらいゆっくりして、帰ることにしました。孫の成長には目を見張るものがあり、収穫のある日曜日

 となりました。

 

帰りの車の中では「ジャコ,.パストリアスの肖像」を最初の「ドナリー」からじっくり聞き始めました。

やはりこのアルバムが、ジャコの才能を盛り込んだ優れた1枚であることを納得したのでした。

 

天候に恵まれた日曜日は、夕方に向かってトワイライトタイムとなっていきました。

では、この辺で。