読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

Jacoの映画2回目


f:id:takeru1226:20161225040628j:plain

◆◆今回の記事は、完全にネタバレの内容です。まだ、映画を見てない方は、本記事を読まない方がよろしいのであります。
楽しみが半減しますので、最初にお断りさせていただきます。



f:id:takeru1226:20161225123436j:plain


さて、2回目となるJacoのドキュメンタリー映画を見るために、新宿に向ってます。

電車の中でブログの記事入力。
映画の中で、ジョニー・ミッチェルが話した言葉を思い出しました。

彼女は、自作の曲をジャコとセッションしてレコーディング、アルバムの制作をした。

その時の印象は、「ジャコの生み出すサウンドは、まさしくオリジナルだった。彼自身の。」
と語った。

そう考えると、ハーモニックスそして和音としてのハーモニックス、フレットレスベース独特のアコースティックなサウンド、余韻があるフレーズ、多々気付かされる。

◆弦楽器より吹奏楽器に近い。

◆ジャコはベース弦はロトサウンド製、ベースアンプはアコースティック製。


映画の初めのほうで、ウェザーリポートのベーシスト、アルフォンソ・ジョンソンがグループを離れるくだり。

リーダーのジョー・ザヴィヌルがジャコを連れてきてベースを弾かせているのを扉の外で聞き、

あまりに斬新なサウンドに驚き、アルフォンソ自身その実力を認め、自分は他のグループに移ることを決めた。

◆プロの音楽の世界の厳しさが伝わってきた。

2回目鑑賞にて、

「ブラッド・スウェット&ティアーズ
」の元メンバーからジャコに関わる話があり、

「ただのイカレタ若者だと思っていたら、とんでもなかった。」

「コードを指定したら、それを完璧に弾きこなした。馬鹿にしていたこちらの方が、逆に慌てるハメに!」

さらに「30年前のグルーブを、そのままものにして表現できたんたよ!」
これは、驚くしかないことだった。

◆この才能とサウンドを世の中に出して、人々に聞かせなくては、という使命を感じたという。

ジャコには、その手のエピソードを次から次へと聞かされる。


ジョニーミッチェルのライブステージで、ソロを弾く場面があり、そこそこに短く切り上げると思いきや、延々とアドリブを弾き続けエンディングまでいってしまう。

主役が 3 : 7 ジャコ位の比率で

あれあれ?と言う展開に立場を失った、ボスのジョニーミッチェルは、笑ってたが呆れた様子。

その後、ジャコはジョニーミッチェルにあやまったとのこと。

ジャコの大人らしくない、姿勢と人間性が、感じられます。

ジョニーミッチェルも、個性的なメロディーを作るアーチストだから、それに合わせられるミュージシャンも、当然限定される。

レコーディングに際し、ジャズ界の異端児として変人扱いされていたジャコ、実力の確認もせずオファーをとり呼びよせた。その結果は?

大成功! ジャコにはどんな音楽にも溶け込み、自分の物にする才能があった。

◆実際のスタジオ録音を聞いてみると、ヴォーカル、ギター、ベースのシンプルなアンサンブルだが、歌の旋律とジャコのベースラインは対位法をとりながら、すごく融合し、音楽的に高度なものに達している。

この表現力は!誰にも真似が出来ない。
ジャコのオリジナルといえる。

◆スーパートリオ( セッション )と期待された、トニー・ウィリアムス(ドラム )、ジョン・マクラフリン(ギター )、そして
ジャコ・パストリアスであったが、

◆ライブ前のある時、地元民から音楽に関することで侮辱され、そのいさかいが尾を引き演奏にも影響してしまい、惨憺たるものとなった。

□今まで、存在しなかった音楽のスタイルは、理解されないことも、あると考えられる。

◆大事なステージを、台無しにしてしまったのである。

ここあたりは、プロのミュージシャンとしての、大人らしさ、理性的な面が欠落している。


有名アーチストのインタビューでは、「カルロス・サンタナ 」の言葉が印象に残った。

とにかく、ジャコのベースに「心が奪われ、夢中になったよ!」まさにオリジナル、今まで誰も聞いたことがない音、旋律、リズム感、独特の空気感、どこか懐かしさも醸し出されている。

キューバミュージックのリズムも、ジャズも、ロックも、黒人のブルースも、

ジミ・ヘンドリックス、さらにクラシック音楽からも、影響を受けてきたジャコパストリアスの音楽世界。

今回は長くなりましたが、続きは次回。

◆明日の日曜日は、ハーモニックス指板表を見ながら、フレットレスベース練習。

ドレミファソラシドは、出せるようになりました。なんとか。

◆水曜日はジャコの映画、3回目を妻と2人で行く予定です。

では、この辺で。