読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

Jacoの映画を見に行く!これから新宿へ

マイケルジャクソンのドキュメンタリー映画「This is It !」は、2回見ました。

その後、ブルーレイやDVDで、何度も見ました。

あと少しで、ライブが開演される直前に、マイケルは亡くなってしまった。

残念な気持ち、薬の過剰摂取、ストレス、マイケルの完璧主義、

映像から受け取る、マイケルジャクソンは、50歳の体を奮い立たせて、目一杯の体力をステージ上に注ぎ込み、その存在感を示していた。

リハーサルが終了しても、自宅で心と体を、ゆっくり癒すことが、出来たんだろうか?

いつも、不安に苛まれていたのではないのか?

などと、いろいろと考えさせられました。

ステージ上の華やかさと!独りになった時の落差。

心が自分自身に帰り、孤独感やライブに向かうプレッシャーを感じていたのかも、

しれないなどと、想像してしまいます。

◆さて、今日のテーマはベーシスト「ジャコ・パストリアス」のドキュメンタリー映画を新宿に見に行く、ワクワク、ドキドキ期待感が、もりもり?なのであります。

久しく、フレットレスベースにも触れてないので、映画から帰ったら弾いてみたいと思います。


帰りは、新宿から新御茶ノ水に出て、楽器街をあるき、中古のステレオ用プリメインアンプなどを、見てみようかな。

我が音楽人生もベンチャーズエルビス、ジャコパストリアス、と50年以上の長きを楽しませてもらい、

誘ってくれた友人にも、妻にも、子供達にも感謝しないとな!、などと柄にもなく考える親父でありました。

◆では、ジャコパストリアスのドキュメンタリー映画の感想は、また今夜あたりに報告いたします。

ではこの辺で