読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

アバABBAの魅力3


f:id:takeru1226:20160303025828j:plain


アグネッタ(Agnetha Foltskog)のコンサートツアーへの意欲について書きます。

シングルだけでなく、アグネッタは自分のアルバムも制作している、スウェーデンのポップチャートでは、上位にランクされた。

1973年に手の掛かる娘のリンダ(2人目、上には男の子)もいた。
その上旅に次ぐ旅の生活だ。

1971年にビョルンと結婚してからは、どんどん忙しさが増すばかりだった。

「そうね確かにスウェーデンでソロとして、それなりの成功を収めたと思うわ。

自分のヒットソングを自分で作曲できる。それは幸運であったと思う。

だけど今はチームワークに専念していきたいの。それは素晴らしいチャレンジだと思うし。

北欧言語圏を出てもっと多くの人達に触れるいい機会なんだから。」

「だから私は、このツアーにたじろぎながらも、アプローチしたのよ。

私たちの熱心なファンの期待に答えられるとおもう?

それは誰にも解らない事だけど、私達が今迄一生懸命やってきた事は神も知っている。

細かいディテールまでこだわって、ロードショーに値するものを作ろうって。
クオリティーにこだわっていた。

これはエキサイティングなチャレンジなのよ。
まずは私達が。

だってこんなに大掛かりなライブツアーを企画した人達なんて、私たちより前には誰もいないんですもの!」

今回はこの辺で。
文中の発言は「ABBA the Movie」 DVD解説からの引用。