読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

ベーシストの「労働歌」

東京郊外のある会社に、勤務していた時に作った曲です。

タイトルは「□□方の歌」takeru1226。
(息子に聞かせ、結構受けたことを思い出します。
娘が高校1年でした。)

忘れたはずの遠い思い出、
ふとした時によみがえる。

今が1番幸せだと、
心からそう思う。

日々変わりゆく、まわりの出来事に、
振り回される自分の弱さ。

こんなことじゃ、いけないはずさ。
自分の心、とりもとすのさ!

(さび)◆けたたましい騒音と
汚れた空気、

それでも負けずに仕事を続ける。

煽(あお)りに負けてはいけない!

あわてて、しくじり!

自分が惨めになるだけー!

偶然めぐり会う、人との縁で、
今ではなんとか、暮らして行ける。

岐阜への移転じゃ行けるはずもなくて、
たどり着いた、今の現場さ!

◆これも短い曲、2番の歌詞も考えたが内容が生々しいので止めました。

□ベースにチョッパー入れたり、キーボードのコードを響かせたり。

◆メロディなど生みの苦しみを感じた曲でした。
仕事の苦しみや肉体労働の苦労と同じように。

では、この辺で。

次回はジミヘンかツェッペリンかレコーディングの続編あたり?。

オリジナル曲「Dream」にするかは、気分次第というところです。