読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターと俺

ベンチャーズとジェフベックが大好きです。

ベーシストのレコーディング2

お待たせしました。
約3日間、ブログ熱の冷却の為に時間を使わせて頂きました。

しかし、エルビスや12弦ギター、フレットレスベースを引っ張り出しての充実した機会も生まれました。

ギターであの興奮した「ソニービルライブ」のエピソードを回想し、「テルスター」をリードギターの気持ちで弾きこんでみたりと、いろいろなことが出来ました。

孫の男の子とのスキンシップも私の心を癒やしてくれました。
彼には無限の可能性を感じます。
果たして、楽器や、音楽を好きになってくれるのか?

ブログ始めてなければ、ただの冴えないオヤジでしたが、今は新しい新鮮な気持ちで楽器や音楽と向き合えてます。

感謝の気持ちが湧いてきます。

さて、
□□□・ブルース と □□□・B to C

(□□□はヨーロッパのある国のある街の名称)

の2曲のレコーディングは渋谷カワイ楽器の録音スタジオで行われ、自費制作のレコードは1980 年 □月 □日 36年前のある日に渋谷界隈にバラまかれた。

この企画のプロセスの流れは、

1 歌詞コード譜とOBさんによるデモカ
セットテープでのスタッフ各自、
自主練習。

2 リハーサル
(小スタジオ)

3 レコーディング本番

4 今回イベント無事終了のお祝い。
→スタッフ全員での 「打ち上げ会」

の順に、ドキュメンタリー形式で書かせていただきます。

それでは、今回のレコーディングのために結成された セッションバンドのメンバーを紹介します。

◆リーダーでギターの Pさん。
プロのスタジオミュージシャン
四角い顔のイイ男です。


◆ドラムのKさん。
大学のジャズバンドで活躍。
どことなく小沢昭一に似てます。

どことなく動きが忙しないひと。
せっかちなのかも。
ドラムとベースはコンビネーションが命! 大丈夫か?

◆キーボードの Bさん。
ナイトクラブのピアニスト。
ロン毛でスリムなスタイル。
どこかホスト風な色白な男。

クールです。

◆ナレーション担当のJJさん。
さすがに声が渋くて味があります。
どこか業界風?のロン毛の男。

◆そしてベース のH ( 私です。)
28歳 痩せ型、中背、趣味マラソン。
多分、神経質そうな男に見えたと思います。
結構、胸がときめいている。

リードボーカル&ソングライター&
本イベントの責任者。
OBさん。
スポーツマンで料理人。
いつも夢を忘れない人。

さて、次回は初顔合わせ、リハーサルの
雰囲気をお伝えします。

あと、使用した楽器、ギター、ベース、
アンプ、キーボードについてもマニアックに紹介いたします。

では、また来週あたりに。